電子書籍でしか読めない新井素子さんの本【2021年10年版】

書籍は買えないけれども電子版なら買える、新井素子さんの本のリストです。
電子書籍については、ブログの仕様上Kindle版にリンクしていますが、他の電子書籍ストアでも同じタイトルが購入できます(一部を除く)。
尚、『おしまいの日』は過去に電子書籍が販売されていましたが、現在絶版となっております。
書店で購入できる書籍については、こちらのまとめをご覧ください。(電子版を併売している本もあります。)
新刊書店で購入できる新井素子さんの本【2021年10月版】

小説

『イン・ザ・ヘブン』(新潮文庫

☆短編集
☆収録作:「イン・ザ・ヘブン」、「つつがなきよう」、「あけみちゃん」、「林檎」、「ここを出たら」、「ノックの音が」、「絵里」、「幻臭」、「ゲーム」、「あの懐かしい蝉の声は」、「テトラポッドは暇を持て余しています」(エッセイ)

緑幻想 グリー・レクイエムII』(講談社文庫)

☆長編小説。「グリーン・レクイエム」の続編

窓のあちら側』(出版芸術社

☆自選作品集・初収録作あり
☆収録作→「グリーン・レクイエム」、「ネプチューン」、「雨の降る星 遠い夢」、「季節のお話」(「雪」・「蝉」・「夜」)、「眠い、ねむうい由紀子」、「影絵の街にて」、「大きなくすの木の下で」

新刊書店で購入できる新井素子さんの本【2021年10月版】

2021年10月の今、書店で入手できる新井素子さんの書籍をまとめてみました。
昨年版と比べてみますと、手に入らなかった単行本が文庫化したり、ベストセラーが復刊した一方、既に書店では購入できなくなってしまった本もありました。
新刊本が品切れ重版未定となるサイクルが、年々早まっているように感じます。新井素子ファンの皆様におかれましては、持っていない本は、見つけたらとりあえず買っておくのが吉ですよ。
※電子版が刊行されている書籍にはタイトル横に「※」を付けています。
※電子版のみの本についてはこちらのまとめを覧ください。
電子書籍でしか読めない新井素子さんの本【2021年10年版】
はてな今週のお題」に初めて参加してみます。今週のお題は「読書の秋」です。下記のリストを参考に、秋の夜長に新井素子さんの本を読んでみてはいかがでしょうか。)

小説

『ゆっくり十まで』(角川文庫)※

ショートショート
☆収録作:「ゆっくり十まで」「謎の男」「コンセント」「ここは氷の国」「初夢」「ぱっちん」「王妃様とサミ」「神様、それはどうなんだろう」「百二十年に一度のお祭り」「よろしく頼むわ」「体重計」「癒しの水槽」「あなたの匂いに包まれて」「守護者」「ひゃっほうっ!」
※電子版:ゆっくり十まで (角川文庫)

『絶対猫から動かない』(KADOKAWA)※

☆長編小説
※電子版:絶対猫から動かない (角川書店単行本)

『この橋をわたって』(新潮社)※

☆作品集
☆収録作:「橋を、架ける」、「黒猫ナイトの冒険」、「妾は、猫で御座います」、「倍倍ケーキ」、「秘密基地」、「お片づけロボット」、「碁盤事件」、「なごみちゃんの大晦日
※電子版:この橋をわたって

『未来へ……』(ハルキ文庫)※

☆長編小説
※電子版:未来へ……上 (ハルキ文庫)未来へ……下 (ハルキ文庫)

『銀婚式物語』(中公文庫)

☆「結婚物語」シリーズ第3弾

『ダイエット物語……ただし猫』(中公文庫)※

☆「結婚物語」シリーズ第4弾・中編集
☆収録作→「ダイエット物語……ただし猫」、「ダイエット物語……今度はヒト」、「大腸ポリープ物語」「リバウンド物語」、夫婦対談「素子さんの野望」手嶋政彦×新井素子
※電子版:ダイエット物語……ただし猫 (中公文庫)

作品コレクション

新井素子SF&ファンタジーコレクション』全3巻(柏書房

【第1巻 いつか猫になる日まで グリーン・レクイエム

☆収録作:「いつか猫になる日まで」、「グリーン・レクイエム」、「緑幻想」、収録作既刊の全あとがき

【第2巻 扉を開けて 二分割幽霊綺譚

☆収録作:「扉を開けて」、「斉木杳の憂鬱」、「二分割幽霊綺譚」、収録作既刊の全あとがき

【第3巻 ラビリンス〈迷宮〉 ディアナ・ディア・ディアス

☆収録作:「ラビリンス〈迷宮〉」、「ディアナ・ディア・ディアス」、「週に一度のお食事を」、「宇宙魚顛末記」、収録作既刊の全あとがき

新装版

・・・・・絶句』(ハヤカワ文庫JA)※

☆書き下ろし短編を収録。上巻:「秋野信拓の屈託」/下巻:「すみっこのひとりごと」
※電子版:……絶句(上)……絶句(下)

グリーン・レクイエム』(講談社文庫)※

講談社文庫50周年記念の復刊
☆収録作:「グリーン・レクイエム」「週に一度のお食事を」「宇宙魚顛末記」
※電子版:グリーン・レクイエム 新装版 (講談社文庫)

作品を収録したアンソロジー(小説)

『日本SF短篇50 II 1973-1982』(ハヤカワ文庫JA

honto.jp
☆「ネプチューン」を収録

『SF JACK』(角川文庫)※

☆「あの懐かしい蝉の声は」を収録(書き下ろし)
※電子版:SF JACK (角川文庫)

『片づけたい 暮らしの文藝』(河出書房新社

☆「お片づけロボット」を収録

『奇想天外 アンソロジー 21世紀版』(南雲堂)

☆「階段落ち人生」を収録(書き下ろし)

『プロジェクト:シャーロック 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)

☆「階段落ち人生」を収録

『NOVA 2019春号』(河出文庫

☆「やおよろず神様承ります」を収録(書き下ろし)

『NOVA 2021年夏号』(河出文庫

☆「その神様は大腿骨を折ります」を収録(書き下ろし)

『甘美で痛いキス』(二見書房)

☆「ここを出たら」を収録

作品を収録したアンソロジー(エッセイ)

『一語一会 人生に効く言葉』(亜紀書房

☆「いっさい誓ってはならない」を収録

『未来力養成教室』(岩波ジュニア新書)

☆「小さなお部屋」を収録

『〆切本』(左右社)

☆「締切り忘れてた事件」を収録

関連書

『きまぐれ星からの伝言』(徳間書店

星新一生誕90周年記念バラエティブック
新井素子さんによる『声の網』解説と、新井素子さんのデビューが決まった伝説の「第一回奇想天外SF新人賞選考座談会」(選考委員:星新一小松左京筒井康隆)を収録

『生ける屍の死 永久保存版』(山口雅也/光文社)

☆長編ミステリ
新井素子さんのエッセイ「誰も考えたことがなかった裾野を新たに作ってしまったお話」を収録

『絶景本棚』(本の雑誌社

☆名だたる蔵書家の書棚を撮影した写真集。新井素子さんの家の書庫の写真も掲載

『60分でわかる心理学』(ニュートン・プレス)

☆エッセイ「旦那がいる日常」を掲載

『闇に用いる力学 特装版』(竹本健治/光文社)

honto.jp
☆特典小冊子に新井素子さんのエッセイ「お疲れ様でした」を収録

『ゆっくり十まで』が文庫化、9月18日に角川文庫より刊行

2018年にキノブックスから刊行された新井素子さんのショートショート集『ゆっくり十まで』が文庫化され、2021年9月18日に角川文庫より発売されました。(カバーデザインは青柳奈美氏、カバーイラストは西村ツチカ氏)
「好き」をテーマにした15のお話が収録されています。なお、文庫化に際し「文庫版あとがき」が追加されました。

www.kadokawa.co.jp

電子書籍も同時発売。(こちらはKindle版)

関連ツイート

8月17日発売のNewton増刊『60分でわかる心理学』に新井素子さんのエッセイ掲載

8月17日に発売されたNewton増刊vol.8『60分でわかる心理学』の「作家がつづる科学な日常」という連載エッセイシリーズに新井素子さんが登場しました。
タイトルは「旦那がいる日常」。旦那さんが定年退職してずっと家にいる、という初めての事態の中で新しく気づいたことなどを語っておられます。
「自称世界一科学に疎いSF作家」が、増刊とは言え『Newton』に登場するのはなんかすごいことなのでは、と思いました。
ちなみに、その次のページでは「カンブリア爆発」の解説が掲載されておりました。カンブリア爆発と言えば「ネプチューン」を思い出しますね。

『Webランティエ』(角川春樹事務所)にて2021年7月1日より「南海ちゃんの新しいお仕事」連載開始

新井素子さんの連載小説が7月1日よりスタートしました。
タイトルは「南海ちゃんの新しいお仕事」。
角川春樹事務所のオンライン小説サイト『Webランティエ』に掲載されています。

あたし、高井南海は超能力者! 空間のヒビを感知できる御曹司の超能力者・板橋さんと組んで、世界に存在する歪みを修復し始めるのだけれども……。待望の新連載!

Webランティエ|南海ちゃんの新しいお仕事

PDFファイル形式で配信されますので、大体の方はお使いのPCやスマホで読めると思います。ちなみに無課金です。
更新は毎月1日です。お楽しみに。

なぜ南海ちゃんがこのような仕事をすることとなったのか、その発端となった出来事は、短編小説「階段落ち人生」に描かれています。
『プロジェクト:シャーロック 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)に収録されていますので、こちらもぜひお読みください。

関連記事

motoken.hatenablog.jp