12月13日(金)にイベント「代官山文学ナイト:新井素子さんトークショー(ゲスト・日下三蔵さん)」@代官山蔦屋書店が開催

新井素子SF&ファンタジーコレクション3 ラビリンス〈迷宮〉 ディアナ・ディア・ディアス』(柏書房)の刊行を記念したイベントが、12月13日(金)に、代官山蔦屋書店にて開催されます。題して「代官山文学ナイト:新井素子さんトークショー」。 ゲストとして『新井素子SF&ファンタジーコレクション』の編者である日下三蔵さんが登壇されるそうです。

store.tsite.jp

店内でのイベントです。60分ほどのトークのあとサイン会となります。サインは本書に新井さんと日下さんのダブルサインが入ります。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、いずれかの対象商品をご予約・ご購入頂いたお客様がご参加いただけます。
書籍と参加券セットをご購入のお客様は、1時間ほどのトークのあとサイン会にご参加いただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭 (1号館1階 レジ)
②お電話 03-3770-2525 (人文フロア)
オンラインストア

【対象商品】
・書籍『新井素子SF&ファンタジーコレクション3 ラビリンス<迷宮> ディアナ・ディア・ディアス』(柏書房・2,970円/税込)+イベント参加券(330円/税込)セット 3,300円(税込)
・イベント参加券 1,100円(税込)

トークショウのみ参加の「イベント参加券」もありますので、他の書店で購入予定の方でもお話を聴けますよ(サインはもらえませんが)。詳細については上記リンク先でご確認下さい。

新井素子SF&ファンタジーコレクション3 ラビリンス〈迷宮〉 ディアナ・ディア・ディアス』は、11月25日頃の発売です。
タイトルにある通り「ラビリンス〈迷宮〉」、「ディアナ・ディア・ディアス」が収録されますが、他にも「週に一度のお食事を」&「宇宙魚顛末記」(『グリーン・レクイエム』所収の短編を再録)や関連資料、収録作の既刊の全あとがき、など相変わらず充実した内容となっております。
www.kashiwashobo.co.jp

10月29日の読売新聞朝刊に新井素子さんによる追悼文「吾妻ひでおさん追悼」が掲載

漫画家の吾妻ひでお氏が10月13日に逝去されたそうです。


吾妻氏と言えば、新井素子ファンからすればなんと言っても共著のエッセイ『ひでおと素子の愛の交換日記』、そこで確立された美少女キャラ「新井素子」、その「新井素子」イラストと小説の作品世界とが絶妙のコラボレーションを奏でる『・・・・・絶句』、他にも『ふたりのかつみ』や『まるまる新井素子』のイラスト等々、新井素子作品との結びつきがひときわ強い漫画家さんであります。

10月29日付の読売新聞朝刊には、新井素子さんの追悼文が掲載されました。タイトルは「吾妻ひでおさん追悼」。”「交換日記」優しさ嬉しく”というキャプションが付き、単行本版『ひでおと素子の愛の交換日記』の書影が掲載されています。
(読売新聞の購読者の方は、手続きをすればwebでも記事を読めるそうです。)

www.yomiuri.co.jp

上にも書いたような次第で、両氏のファンとしては新井素子さんがどのような思いでいらっしゃるのかがとても気になっておりました。ですので、この追悼文が読めたのはとてもうれしかったです。個人的な話ですが、逝去の報を聞いた後に激しく落ち込んでしまったので、救われたような気にもなりました。
吾妻ひでお氏のご冥福をお祈りします。

関連記事

togetter.com
2011年に明治大学で行われたイベントです。質問コーナーの時に、「ふたりのかつみ」の続きを執筆される予定はありませんかと質問したのですが、掲載する媒体がないので出版社(KADOKAWA)の方に言って下さい、とのお返事がありました。
例え続編が執筆されてもイラストは違う方が描かれるのだなあ、などと考えるとしんみりしてしまったり。

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp

motoken.hatenablog.jp
motoken.hatenablog.jp

新井素子表紙ギャラリー」で関連作品の書影を見ることができます。
ひでおと素子の愛の交換日記
ひでおと素子の愛の交換日記文庫版
絶句
ふたりのかつみ

10月20日、紀伊國屋書店新宿本店にて『新井素子SF&ファンタジーコレクション2』刊行記念トーク&サイン会を開催

新井素子SF&ファンタジーコレクション2 扉を開けて 二分割幽霊綺譚』(日下三蔵・編/柏書房)が9月25日に刊行されました。その刊行を記念した新井素子さんのトーク&サイン会が、10月20日紀伊國屋書店新宿本店にて開催されます。

人数は先着50名。店頭で購入時に整理券を配布中。また電話での予約も受付中とのこと。詳細については公式サイトをご覧ください。
www.kinokuniya.co.jp
10月1日現在、まだ定員には達していないようです。参加をお考えの方は、お早めにお申し込みください。

新井素子SF&ファンタジーコレクション2 扉を開けて 二分割幽霊綺譚』には、「扉を開けて」、「斉木杳の憂鬱」(単行本初収録)、「二分割幽霊綺譚」の他、新井素子さんの対談、エッセイ、インタビュー、収録作の既刊全あとがき、新あとがき、編者解説などが収録された、まさに「コレクション」と呼ぶにふさわしい豪華版です。
www.kashiwashobo.co.jp

第1巻の『新井素子SF&ファンタジーコレクション1 いつか猫になる日まで グリーン・レクイエム』も好評発売中。こちらには「いつか猫になる日まで」、「グリーン・レクイエム」、「緑幻想」が収録されています。
www.kashiwashobo.co.jp

11月には第3巻の『新井素子SF&ファンタジーコレクション3 ラビリンス〈迷宮〉 ディアナ・ディア・ディアス』が発売される予定です。第1巻に収録しきれなかった「週に一度のお食事を」と「宇宙魚顛末記」も収録されるらしいですよ。
絶版になった作品がこんな風に豪華本になって再び手に取ることができるとは、実にうれしいものですね。資料性の高い付録も併録されて、すごい読み応えです。既刊全あとがきは感涙モノですよ。ぜひぜひお読みください。

今現在入手できる新井素子さんの電子書籍(2019年8月現在)

電子書籍についてはブログの都合上Kindle版を紹介していますが、他の電子書籍ストアでも同じタイトルが購入できます。
書籍についてはこちらのまとめをご覧ください。→新刊書店で入手できる新井素子さんの本(2019年8月現在)

新刊本(小説)

『イン・ザ・ヘブン』(新潮文庫

イン・ザ・ヘブン(新潮文庫)

イン・ザ・ヘブン(新潮文庫)

☆短編集:収録作→「イン・ザ・ヘブン」、「つつがなきよう」、「あけみちゃん」、「林檎」、「ここを出たら」、「ノックの音が」、「絵里」、「幻臭」、「ゲーム」、「あの懐かしい蝉の声は」、「テトラポッドは暇を持て余しています」(エッセイ)
※書籍版あり

『ダイエット物語……ただし猫』(中央公論新社

☆「結婚物語」シリーズ第4弾・中編集:収録作→「ダイエット物語……ただし猫」、「ダイエット物語……今度はヒト」、「大腸ポリープ物語」
※書籍版あり

新刊本(エッセイ)

『素子の碁 サルスベリがとまらない』(中央公論新社

囲碁エッセイ集
※書籍版あり

作品コレクション

窓のあちら側』(出版芸術社

☆自選作品集:収録作→「グリーン・レクイエム」、「ネプチューン」、「雨の降る星 遠い夢」、「季節のお話」(「雪」・「蝉」・「夜」)、「眠い、ねむうい由紀子」、「影絵の街にて」、「大きなくすの木の下で」
※書籍版あり

新装版

・・・・・絶句』(ハヤカワ文庫JA

……絶句(上)

……絶句(上)

……絶句(下)

……絶句(下)

☆書き下ろし短編を収録。上巻:「秋野信拓の屈託」/下巻:「すみっこのひとりごと」
※書籍版あり

ひとめあなたに…』(創元SF文庫)

※書籍版あり

星へ行く船シリーズ』新装・完全版(出版芸術社

☆『星から来た船』を含む全8巻の内、電子書籍版は5巻まで。全編に加筆修正を施し各巻に書き下ろし短編と新あとがきを収録した決定版
※書籍版あり

旧版

グリーン・レクイエム』(講談社文庫)

☆短編集:収録作→「グリーン・レクイエム」、「週に一度のお食事を」、「宇宙魚顛末記」

作品を収録したアンソロジー(小説)

『SF JACK』(角川文庫)

☆「あの懐かしい蝉の声は」を収録(初出)
※書籍版あり

『猫ミス!』(中公文庫)

猫ミス! (中公文庫)

猫ミス! (中公文庫)

☆「黒猫ナイトの冒険」を収録
※書籍版あり

人工知能の見る夢は AIショートショート集』(文春文庫)

☆「お片づけロボット」、「幻臭」を収録
※書籍版あり

作品を収録したアンソロジー(エッセイ)

『私の本棚』(新潮文庫

私の本棚(新潮文庫)

私の本棚(新潮文庫)

☆巻末解説が新井素子さんのエッセイ
※書籍あり

その他

『SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録』(早川書房

新井素子さんの講師回も収録/貴重な講義録
※書籍版あり

新刊書店で入手できる新井素子さんの本(2019年8月現在)

2019年8月現在の書店で入手できる新井素子さんの書籍をまとめてみました。前回2018年8月のまとめ(vol.3-1vol.3-2)の改訂版です。
電子書籍についてはこちらのまとめをご覧ください。→今入手できる新井素子さんの電子書籍(2019年8月現在)
※書籍と電子書籍を併売している作品もあれば、それぞれ単独で刊行されている作品もあります。

新刊本(小説)

『この橋をわたって』(新潮社)

この橋をわたって

この橋をわたって

☆作品集:収録作→「橋を、架ける」、「黒猫ナイトの冒険」、「妾は、猫で御座います」、「倍倍ケーキ」、「秘密基地」、「お片づけロボット」、「碁盤事件」、「なごみちゃんの大晦日

『ゆっくり十まで』(キノブックス)

ゆっくり十まで

ゆっくり十まで

ショートショート15編を収録

『未来へ……』(ハルキ文庫)

未来へ・・・(上) (ハルキ文庫)

未来へ・・・(上) (ハルキ文庫)

未来へ・・・(下) (ハルキ文庫)

未来へ・・・(下) (ハルキ文庫)

『イン・ザ・ヘブン』(新潮文庫

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)

☆短編集:収録作→「イン・ザ・ヘブン」、「つつがなきよう」、「あけみちゃん」、「林檎」、「ここを出たら」、「ノックの音が」、「絵里」、「幻臭」、「ゲーム」、「あの懐かしい蝉の声は」、「テトラポッドは暇を持て余しています」(エッセイ)
※電子版あり

『銀婚式物語』(中公文庫)

銀婚式物語 (中公文庫)

銀婚式物語 (中公文庫)

☆「結婚物語」シリーズ第3弾

『ダイエット物語……ただし猫』(中央公論新社

※電子版あり
文庫版は8月22日頃に発売予定☆「結婚物語」シリーズ第4弾・中編集:収録作→「ダイエット物語……ただし猫」、「ダイエット物語……今度はヒト」、「大腸ポリープ物語」(文庫版にはおまけあり)

新刊本(エッセイ)

『素子の碁 サルスベリがとまらない』(中央公論新社

囲碁エッセイ集
※電子版あり

作品コレクション

新井素子SF&ファンタジーコレクション1 いつか猫になる日まで グリーン・レクイエム』(柏書房

☆収録作:「いつか猫になる日まで」、「グリーン・レクイエム」、「緑幻想」、収録作既刊の全あとがき
※『新井素子SF&ファンタジーコレクション』は全3巻です。これからの刊行予定は下記の通り。

窓のあちら側』(出版芸術社

窓のあちら側 (ふしぎ文学館)

窓のあちら側 (ふしぎ文学館)

☆自選作品集:収録作→「グリーン・レクイエム」、「ネプチューン」、「雨の降る星 遠い夢」、「季節のお話」(「雪」・「蝉」・「夜」)、「眠い、ねむうい由紀子」、「影絵の街にて」、「大きなくすの木の下で」
※電子版あり

新装版

・・・・・絶句』(ハヤカワ文庫JA

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)

…絶句〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)

☆書き下ろし短編を収録。上巻:「秋野信拓の屈託」/下巻:「すみっこのひとりごと」
※電子版あり

ひとめあなたに…』(創元SF文庫)

ひとめあなたに… (創元SF文庫)

ひとめあなたに… (創元SF文庫)

※電子版あり

『おしまいの日』(中公文庫)

おしまいの日 (中公文庫)

おしまいの日 (中公文庫)

あなたにここにいて欲しい』(ハルキ文庫)

あなたにここにいて欲しい (ハルキ文庫)

あなたにここにいて欲しい (ハルキ文庫)

グリーン・レクイエム』(日本標準)

グリーン・レクイエム (シリーズ本のチカラ)

グリーン・レクイエム (シリーズ本のチカラ)

☆児童向け書籍・収録作は「グリーン・レクイエム」のみ

星へ行く船シリーズ』新装・完全版(出版芸術社

星へ行く船シリーズ1星へ行く船

星へ行く船シリーズ1星へ行く船

星へ行く船シリーズ2通りすがりのレイディ

星へ行く船シリーズ2通りすがりのレイディ

星へ行く船シリーズ4逆恨みのネメシス

星へ行く船シリーズ4逆恨みのネメシス

星へ行く船シリーズ5そして、星へ行く船

星へ行く船シリーズ5そして、星へ行く船

星から来た船 上 (星へ行く船シリーズ)

星から来た船 上 (星へ行く船シリーズ)

星から来た船 中 (星へ行く船シリーズ 7)

星から来た船 中 (星へ行く船シリーズ 7)

星から来た船 下 (星へ行く船シリーズ8)

星から来た船 下 (星へ行く船シリーズ8)

☆全8巻・全編に加筆修正を施し、各巻に書き下ろし短編と新あとがきを収録した決定版
※1~5巻までは電子版あり
※『星へ行く船』はオーディオブックも発売中です。→audiobook.jp|星へ行く船

編著

『ほしのはじまり 決定版 星新一ショートショート』(角川書店

新井素子さんが編纂した星新一ショートショート傑作選・新井素子さんのエッセイも収録

ショートショートドロップス』(キノブックス)

ショートショートドロップス

ショートショートドロップス

新井素子さんが編纂した女性作家のショートショートのみを収録したアンソロジー

作品を収録したアンソロジー(小説)

日本SF全集 3 1978-1984』(出版芸術社

日本SF全集 3 1978~1984

日本SF全集 3 1978~1984

☆「あたしの中の……」を収録

『SF JACK』(角川文庫)

☆「あの懐かしい蝉の声は」を収録(初出)
※電子版あり

『吾輩も猫である』(新潮文庫

☆「妾は、猫で御座います」を収録

『猫ミス!』(中公文庫)

猫ミス! (中公文庫)

猫ミス! (中公文庫)

☆「黒猫ナイトの冒険」を収録

人工知能の見る夢は AIショートショート集』(文春文庫)

☆「お片づけロボット」、「幻臭」を収録
※電子版あり

『片づけたい 暮らしの文藝』(河出書房新社

☆「お片づけロボット」を収録

『謎々 将棋・囲碁』(角川春樹事務所)

謎々 将棋 囲碁

謎々 将棋 囲碁

☆「碁盤事件」を収録

『奇想天外 アンソロジー 21世紀版』(南雲堂)

奇想天外 21世紀版 アンソロジー

奇想天外 21世紀版 アンソロジー

☆「階段落ち人生」を収録(初出)

『プロジェクト:シャーロック 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)

☆「階段落ち人生」を収録

『NOVA 2019春号』(河出文庫

☆「やおよろず神様承ります」を収録(初出)

ショートショートの宝箱 II』(光文社文庫

ショートショートの宝箱II (光文社文庫)

ショートショートの宝箱II (光文社文庫)

☆「林檎」を収録

作品を収録したアンソロジー(エッセイ)

『一語一会 人生に効く言葉』(亜紀書房

☆「いっさい誓ってはならない」を収録

『3・11の未来 日本・SF・創造力』(作品社)

☆エッセイ「東日本大震災について」を収録

『未来力養成教室』(岩波ジュニア新書)

☆「小さなお部屋」を収録

『〆切本』(左右社)

〆切本

〆切本

☆「締切り忘れてた事件」を収録

『推理作家謎友録 日本推理作家協会70周年記念エッセイ』(角川文庫)

☆「推理作家協会70周年」を収録

『きまぐれ星からの伝言』(徳間書店

きまぐれ星からの伝言 (文芸書)

きまぐれ星からの伝言 (文芸書)

星新一生誕90周年記念バラエティブック・新井素子さんによる『声の網』解説&「第一回奇想天外SF新人賞選考座談会」を収録

『私の本棚』(新潮文庫

私の本棚 (新潮文庫)

私の本棚 (新潮文庫)

☆巻末解説が新井素子さんのエッセイ
※電子版あり

その他

『絶景本棚』(本の雑誌社

絶景本棚

絶景本棚

新井素子さんの家の書庫の写真を掲載