3月13日(水)開催の「文芸フェス2019 春の陣 第三夜:大森望のSF漫談スペシャル@代官山蔦屋書店」に新井素子さんがゲスト出演

3月13日(水)に代官山蔦屋書店にて開催される「文芸フェス2019 春の陣 第三夜:大森望のSF漫談スペシャル」に、新井素子さんがゲスト出演されます。
ゲストにはもうお一方、『ゲームの王国』(早川書房)で第38回日本SF大賞と第31回山本周五郎賞を受賞した、作家の小川哲氏も登場します。
申込み方法などの詳細は、下記の公式サイトでご確認下さい。

real.tsite.jp

スペシャルの今回は、大森さんの責任編集で刊行され続けている河出文庫『NOVA 2019年 春号』の執筆陣から新井素子さん、小川哲さんをゲストに、毎回の人選、原稿は思い通り集まるのか、初期の『NOVA』と変わってきたこと、公募マル秘エピソードなど刊行にかんするあれやこれやをトークしていただきます。
さらに『NOVA』以外にも目を向け、SFにとって平成とはどういう時代だったか、新元号案まで(?!)、縦横無尽に語る70分!

ということで、昨年12月5日に刊行された書き下ろしSFアンソロジー『NOVA 2019年春号』(河出文庫)の話が中心となるようです。
新井素子さんの短編「やおよろず神様承ります」をはじめ傑作ぞろいのアンソロジーについて、お三方からどのようなお話が飛び出すのか、興味津々です。
新井素子さんが他の作品をどう読んだのか、とかとても聞いてみたいですが、僕は行けないのです。小川哲氏の『ユートロニカのこちら側』『ゲームの王国』が好きなので、お話を伺えないのが実に残念)



ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

ゲームの王国 上

ゲームの王国 上

ゲームの王国 下

ゲームの王国 下

関連記事

motoken.hatenablog.jp