新井素子さんの短編「階段落ち人生」を収録した『年刊日本SF傑作選 プロジェクト:シャーロック』が発売

毎年恒例の『年刊日本SF傑作選』(大森望日下三蔵編/創元SF文庫)が今年も刊行されました。タイトルは『プロジェクト:シャーロック』。収録されているのは2017年に発表された日本SF短編から選りすぐりの16編。新井素子さんの「階段落ち人生」(初出:『奇想天外 アンソロジー 21世紀版』)が収録されたのは実に喜ばしいです。
また、新井素子さんがゲスト選考委員を務めた第9回創元SF短編賞の受賞作「天駆せよ法勝寺」と選考委員の選評も収録されています。新井素子さんが応募作をどう読んだのか、どのような話が好きなのかが判るのはファンにとっては興味深いです。
この賞ではゲスト選考委員の選ぶ個人賞があり、今回は「新井素子賞」を竹田人造「アドバーサリアル・パイパーズ、あるいは最後の現金強盗」が受賞しました。しかし残念ながら活字化の予定は無いそうです。新井素子さんが選んだ話なら読んでみたいですよね。

第9回創元SF短編賞の選評は、6月11日に発売された文芸誌『ミステリーズ!』Vol.89(東京創元社)にも収録されました。
ミステリーズ! Vol.89

ミステリーズ! Vol.89

収録作

  • 上田早夕里「ルーシィ、月、星、太陽」
  • 円城塔「Shadow.net」
  • 小川哲「最後の不良」
  • 我孫子武丸「プロジェクト:シャーロック」
  • 酉島伝法「彗星狩り」
  • 横田順彌「東京タワーの潜水夫」
  • 眉村卓「逃亡老人」
  • 彩瀬まる「山の同窓会」
  • 伴名練「ホーリーアイアンメイデン」
  • 加藤元浩「鉱区A-11」
  • 松崎有理「惑星Xの憂鬱」
  • 新井素子「階段落ち人生」
  • 小田雅久仁「髪禍」
  • 筒井康隆「漸然山脈」
  • 山尾悠子「親水性について」
  • 宮内悠介「ディレイ・エフェクト」
  • 八島游舷「天駆せよ法勝寺」(第9回創元SF短編賞受賞作)