6月22日発売のエッセイアンソロジー『片づけたい』に新井素子さんの「お片づけロボット」が収録

エッセイアンソロジー『片づけたい』(河出書房新社)が6月22日に発売されました。サブタイトルは「暮らしの文藝」。帯にはこのように書いてあります。

どうしても整理できないモノ、思い出、人間関係……
その人生観が滲むエッセイ32篇。

片づけに関する古今のエッセイ・日記など32編が収録された中に、新井素子さんのショートショート「お片づけロボット」もありました。
登場する作家はこの32人です。
赤瀬川原平阿川佐和子新井素子/有元葉子/有吉玉青池内紀内澤旬子/内田百閒/大平一枝/小川洋子尾崎一雄加門七海/川上健一/川上未映子工藤久代幸田文佐藤愛子佐野洋子沢野ひとし沢村貞子ジェーン・スー柴田元幸澁澤龍彦島崎藤村東海林さだお谷崎潤一郎出久根達郎/中澤正夫/槇本楠郎/松浦弥太郎向田邦子夢野久作
この本のテーマも、『〆切本』*1と同様に身につまされるものがありますね。

「片づけ」と言えば思い出すのは、新井素子さんと氷室冴子さんとの対談です。『冴子スペシャル ガールフレンズ』P.24-25より。

氷室 そーかー。私、食べるの苦手だから作るのもヤだもん。キレイなのが好きだから、洗たくとかそうじとは好きだけどさ。
新井 ああ、私はそっちがダメ。結局ね、なんかひとつ、これは好きだ、これは得意だってのがあれば、結婚生活やっていけるんだって。「ウチの女房はキレイ好きで」とか「ウチの女房は料理が得意で」なんていってるとどうにかおさまるらしい。
氷室 ふーん、じゃ、私は洗たくとそうじ!
新井 そうそう。バッチリじゃない(笑)。私は、洗たくは洗たく機があるからまだいいとして、片づけなんかは全然だもん。
氷室 片づけは大好き!
新井 私って、人間はホコリがあっても死なないと思ってる人だから。
氷室 きゃあー、ホコリすってたら死ぬんだい。
新井 飢え死にすることはあっても、ホコリじゃ死なん!

この対談を収録しても面白かったかも知れない、と思いました。
尚、「お片づけロボット」は、アンソロジー人工知能の見る夢は』にも収録されています。(→id:motoken_info:20170518#p1)