雑誌

角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』12月号に新井素子さんのエッセイ「刺客猫」が掲載

月遅れの情報で申し訳ありません。 角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』2017年12月号(11月刊行)に、新井素子さんの巻頭エッセイ「刺客猫」が掲載されています。この号の特集は「ねこ ねこ の世界」、猫づくしの内容です。 巻頭エッセイ:新井素子「刺客猫…

新潮社のPR誌『波』12月号に新井素子×村田沙耶香「私の好きな星新一」が掲載

11月27日に発売された新潮社のPR誌『波』12月号に、新井素子さんと村田沙耶香氏の対談「私の好きな星新一」が掲載されました。 12月1日〜31日に一部書店で開催される「星新一フェア」の企画の一環で、フェア中に配布されるスペシャル小冊子にはこの対談のシ…

3月28日発売の『波』2017年4月号に新井素子さんによる書評(『かくも水深き不在』竹本健治/新潮文庫)が掲載

3月28日に発売された新潮社のPR誌『波』の4月号に、新井素子さんによる書評が掲載されました。タイトルは「“ざわっ”としてます/竹本健治『かくも水深き不在』」。 『かくも水深き不在』は新潮文庫の今月の新刊です。作者の竹本健治氏は新井素子さんの作家仲…

『かつくら vol.21 2017冬』に新井素子さんインタビュー&『星へ行く船シリーズ』新装・完全版の紹介記事が掲載

本日1月25日に発売された『かつくら vol.21 2017冬』にて『星へ行く船シリーズ』新装・完全版が大きく取り上げられました。シリーズについて新井素子さんが語ったインタビュー記事も、なんと6ページに亘って掲載されています。 インタビューは質・量ともにも…

『小説BOC4』に新井素子さんの新作短編「黒猫ナイトの冒険」が掲載

2017年最初の更新です。今年もよろしくお願い致します。ちなみに今年は新井素子さんの作家デビュー40周年に当たります。 ☆ 文芸誌『小説BOC4』(中央公論新社)に新井素子さんの新作短編小説「黒猫ナイトの冒険」が掲載されました。「猫ミス!」という特集の…

『文芸カドカワ』2017年1月号にて新連載小説「絶対猫から動かない」がスタート

本日12月10日より配信開始の電子小説誌『文芸カドカワ』2017年1月号(KADOKAWA)にて、新井素子さんの新連載小説「絶対猫から動かない」の第一回が掲載されました。 11月20日に行われた紀伊國屋書店新宿本店でのトーク&サイン会の時に、来年から『文芸カド…

『本の雑誌』11月号に新井素子さん家の、あの書庫の写真が掲載

現在発売中の『本の雑誌』11月号で、巻頭の「本棚が見たい!」のコーナーに、新井素子さん家の書庫の写真が4ページにわたり掲載されました。『銀婚式物語』の家を建てる件で登場した、あの書庫です。改めて写真で見ると、その威容に圧倒されます。 この書庫…

本日発売の『月刊MdN』11月号で『星へ行く船』&『通りすがりのレイディ』新装・完全版の装幀が取り上げられました

『月刊MdN』はデザインとグラフィックの総合情報誌です。「DESIGN DIGEST」のコーナーで、9月に出版芸術社より刊行された『星へ行く船』&『通りすがりのレイディ』新装・完全版の装丁が取り上げられました。 「DESIGN DIGEST」は、 街やメディアでよく見る…

現在発売中の『小説新潮』8月号に新井素子さんの短編小説「妾は、猫で御座います」が掲載されています

7月22日に発売された『小説新潮』8月号(新潮社)では、【夏目漱石没後100年記念企画「吾輩も猫である(前編)」】という企画が組まれており、その中に新井素子さんの短編小説「妾は、猫で御座います」が掲載されてました。タイトルはもちろん『吾輩は猫であ…

人工知能学会誌『人工知能』Vol.31 No.4(2016年7月号)に新井素子さんのショートショート掲載

人工知能学会の学会誌『人工知能』の最新号に新井素子さんのショートショートが掲載されました。 人工知能学会|「AI拠点紹介」記事公開中 人工知能Vol.31 No.4(2016年7月) タイトルは「お片づけロボット」。イラストをYOUCHAN氏が担当しています。 『人工知…

本日発売の『Cobalt』2016年5月号(終刊号)に新井素子さんのコメント掲載、『Cobalt』はWebマガジンへ移行

少女小説誌『Cobalt』は、本日発売された2016年5月号にて紙媒体としての刊行を終了、同時に「集英社Webマガジン Cobalt」として再出発しました。 コバルト文庫はこの5月で創刊40周年を迎えます。5月号の巻頭では「40年のありがとうを込めて☆コバルト文庫創刊…

『ランティエ』12月号に新作短編「碁盤事件」が掲載されました

角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』の12月号に、新井素子さんの新作短編小説「碁盤事件」が掲載されました。 扉には、 新井素子が初めて挑んだ、傑作ユーモアミステリー。 と書いてあります。 が、そこは新井素子さんです、と一言付け加えずにはいられませ…

新井素子インタビュー掲載の『ダ・ヴィンチ』2015年2月号、本日発売

『ダ・ヴィンチ』2015年2月号が本日発売されました。「今月のブックマーク」コーナーに藤田直哉氏による新井素子さんのインタビューが1ページ掲載されています。 見出しは「過去に喪失した娘を救えるか? 母娘の絆を描く、新井素子の新境地『未来へ……』」。 …

新作小説『未来へ……』刊行記念で『ランティエ』12月号に特集掲載/11月22日にサイン会&トークショウ開催決定

新井素子さんの新作長編小説『未来へ……』が11月13日に発売される予定です。*1角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』に2012年9月号から2014年8月号まで、2年に渡って連載されたお話が、とうとう本になります。待ってました! 刊行を記念して、『ランティエ』12…

5月22日発売の『婦人公論』6月7日号に新井素子さんのインタビュー記事掲載

昨日発売された『婦人公論』6月7日号に新井素子さんのインタビュー記事が掲載されました。「幸せを呼びこむ捨て方と整理術」という特集の中の、タイトルは「本に殺されないために 3万冊と4000匹。ともに暮らせる家を建てて」。新井素子さんの住む家が書庫の…

『暮しの手帖』69号に新井素子さんのエッセイ掲載

現在発売中の『暮しの手帖』69号(4-5月号)に新井素子さんのエッセイが掲載されました。タイトルは「猫踏んじゃった」。二匹の飼い猫について書かれています。 「随筆」欄には6人のエッセイが掲載されています。 紙袋と戦後……金井美恵子 猫の効用……夢枕獏 …

発売中の『週刊現代』3月8日号の記事に新井素子さんの談話が掲載されました

2月24日に発売された『週刊現代』3月8日号の ”日本の名物「おもてなし」の達人 大阪のおばちゃんはホンマ、すごいで” という記事に新井素子さんの体験談が掲載されています。大阪に住む義父母が倒れ、介護のために不案内な大阪を巡っていた時に「大阪のおば…

『週刊文春』11月21日号「新・家の履歴書」に新井素子さんのインタビュー掲載

11月14日に発売された『週刊文春』11月21日号の「新・家の履歴書」に新井素子さんのインタビューが掲載されました。なんと4ページの大ボリューム。生い立ち、家族のこと、作家デビューのこと、今まで暮らした家とそこでの生活、そして今の家を建てた経緯、等…

10日発売の『週刊文春』10月17日号に新井素子さんの記事

P.106「私のスケジュール表」に新井素子さんが登場しています。「日本SF作家クラブ50周年」というタイトルで、10月20に開催されるイベント「SFサミット―今宵はお祭り!!」のことを語っておられます。 この記事はwebでも読めます。 週刊文春WEB|私のスケジ…

『SFマガジン』7月号に『未来はボクらがつくるんだ!』に寄せる新井素子さんのメッセージ掲載

25日発売の『SFマガジン』2013年7月号では、4、5ページに日本SF作家クラブ50周年記念プラネタリウム番組『未来はボクらがつくるんだ! 22世紀のものがたり』の紹介記事が掲載されています。5ページには、ストーリー原案チーム代表の新井素子さんと、メカニカ…

『S-Fマガジン』6月号に「ネプチューン」のイメージイラスト掲載

4月25日に発売された『S-Fマガジン』2013年6月号に新井素子さんの小説「ネプチューン」のイメージイラストが登場しました。表紙をめくって1ページ目にある「SF IMAGE GELLERY - THIRD SEASON」のコーナーで、今月号の第6回は竹井氏の描く「ネプチューン」が…

『S-Fマガジン』10月号のブラッドベリ追悼特集に新井素子さんの追悼エッセイ掲載

25日に発売された『S-Fマガジン』2012年10月号(早川書房)では、6月5日に逝去したレイ・ブラッドベリの追悼特集が組まれています。新井素子さん含む国内外のSF作家7人が追悼エッセイを寄せています。新井素子さんのエッセイのタイトルは「ブラッドベリ追悼…

角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』で新井素子さんの連載小説「未来へ……」が始まりました

8月1日より書店にて配布が始まった角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』9月号で、ついに新井素子さんの連載小説が始まりました。タイトルは「未来へ……」。「新井素子が満を持して贈る、心温まる感涙SFファンタジー」と扉ページに書いてありました。 昨年4月24…

新井素子さんの読み切り小説が掲載された『yom yom』春号、本日発売

新井素子さんの読み切り小説が掲載された『yom yom』2012年春号(新潮社)が本日発売されました。 小説のタイトルは「ここを出たら」。内容は読んでのお楽しみですが、新井素子さんの視野にはこれも入っていたのか、という単語が出てきて個人的には驚きまし…

明日5月1日発売の『yom yom』春号に新井素子さんの読み切り小説が掲載

明日、5月1日発売の小説誌『yom yom』2012年春号(新潮社)に新井素子さんの読み切り小説が掲載されるようです。詳細は不明ですが、amazonに掲載されていた書影を見ると表紙に名前が載っているのが判ります。どんなお話なんでしょうか。楽しみですね! 『yom…

『野性時代』5月号の星新一特集に新井素子さんが登場

本日発売された小説誌『野性時代』5月号(角川書店)の特集は「星新一にまなぶショートショートの作法」。その中の「マイベスト・ショートショート」は、新井素子・恩田陸・貴志祐介・有栖川有栖の各氏が、作品群の中から一編を選び、その作品について解説す…

来月発売の『野性時代』5月号の特集に新井素子さんが登場

素研の掲示板に頂いた情報です。 来月12日発売の『野性時代』5月号(角川書店)に「星新一にまなぶショートショートの作法」という特集が掲載されます。その中の「マイベスト・ショートショート」では新井素子・恩田陸・貴志祐介の三氏が選者を務めるそうで…

本日発売の『サンデー毎日』1月15日号に新井素子さんのインタビュー掲載

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 さて、新年早々新井素子さんのインタビューが『サンデー毎日』に掲載されました。本日発売の1月15日増大号です。1ページの「著者インタビュー」のコーナーで、「あれから25年、そ…

本日発売の『yom yom』vol.23に短編小説「絵里」が掲載

本日11月26日に発売された小説誌『yom yom』vol.23(新潮社)に新井素子さんの短編小説「絵里」が掲載されました。 『yom yom』に小説が載るのはこれで2度目ですね。いずれは短編集を、と期待してしまいます。yom yom (ヨムヨム) 2011年 12月号 [雑誌]出版社…

『文芸別冊[追悼]小松左京』の中にあった新井素子さんの話題

小松左京追悼本としては、11月10日に『文芸別冊[追悼]小松左京』(河出書房新社)が既に発売されています。この中に新井素子さんの名前が二箇所に登場したのでメモしておきます。 「OB編集者座談会」P.100 大作『虚無回廊』はなぜ中断したままになったのか…